無料ご相談窓口 無料相談フォーム
MAIN SERVICE
チャレンジ25キャンペーン
チャレンジ25キャンペーン
地球温暖化を救うために少しでも協力できればと思い、チャレンジ25キャンペーンに登録いたしました。

経営分析手法の紹介

■4P分析
私(オオモリ)は、「KJ法」と「SWOT分析」の次くらいに、この「4P分析」を活用しています。
特に創業者の方には、この「4つの視点」をどのように考えているかを把握することがポイントだと
思っています。「売りたい」だけではなく、市場の環境を踏まえた上で、「どう考えるのか」というのが
大切なのです。
 
4Pとは、
「製品(Product & service)」
ずばり、コアになる商品やサービスの基本的なコンセプトは何? 機能はどんなものを考えている? 付加する価値(例えばお客様電話サービスを設けているなど)は何か?です。
「場所/流通(Place/Channels)」
場所とは「どこで売るか」ということです。自社で販売、代理店を使っての販売、ネット経由での販売、またはそれらのコンビネーションを使用するか等の決定です。
「価格(Pricing)」
儲けるためには原価の積み上げから「いくらで販売」、でも市場からみると「いくらでなければ
売れない」、また商品のライフサイクルから価格の変動をどう考えるか、などです。
「販促(Promotion)」
プッシュ(営業マンが企業に訪問)と、プル(お店にきてもらうしかけ)のバランスや「AIDMA」や
「AISAS」をどう活用するか?などです。4Pの中では比較的Promotionが先行しがちですが、
実は一番最後なのです。
「4P分析」はマーケティングの基本であり、ある意味「事業のスタート地点である」といえます。
 
 
「考える営業マンの育成」に必要な6つの要素(4P分析はこの中に位置づけしています)についての
詳しい資料を用意しています。資料請求はこちらから →  資料請求フォーム
 

<< 3C分析へ
 
お役立ちページ